トップページ 会社概要
希望条件登録とは アクセスマップ
未公開物件とは スタッフ紹介
お客様の声 Q&A
最新のお知らせ
 
カテゴリーで探す 新築住宅
中古住宅
リフォーム済
南道路
分譲地内
 
希望条件登録
 
スタッフ紹介
 
お客様の声
 
会社情報
 
免許証番号 栃木県知事免許(5)第3952号
住所 栃木県佐野市若松町147
TEL 0283-22-7703
FAX 0283-21-0569
定休日 日曜日・祭日
 
不動産取得税はいくらかかる?
 
不動産取得税とは

不動産を売買や贈与で取得したときや、新築や増築したときに不動産取得税という税金がかかります。
相続による取得は課税されません。

計算方法


計算方法は
次の通りです。

固定資産税評価額×3%=建物の税額
固定資産税評価額×1/2×3%=土地(宅地)の税額


特例により土地と住宅は本来4%の税率ですが、平成30年3月31日まで3%に軽減されています。(住宅以外の建物は4%です。)また、土地(宅地)については、固定資産税評価額の2分の1が同様に特例となっています。

住宅・住宅用土地についての軽減

住宅については土地も含めて軽減措置があります。
要件・軽減額等は次の通りです。

1.新築住宅
  床面積が50u以上240u以下の住宅で軽減額が1,200万円です。評価額が1,200万円を超える場合は、その超えた部分が課税対象となります。

2.中古住宅
  床面積は新築と同様。建築が昭和57年1月1日以降に建てられた住宅であることです。また自己居住用にすることが要件です。軽減額は新築された日により異なります。

 A.昭和50年12月31日以前・・・新築当時の軽減額
 B.昭和51年1月1日〜昭和56年6月30日・・・350万円
 C.昭和56年7月1日〜昭和60年6月30日・・・420万円
 D.昭和60年7月1日〜平成元年3月31日・・・1,000万円
 E.平成9年4月1日以降・・・1,200万円

 
住宅の軽減額の求め方

{住宅の価額(評価額)ー控除額}×0.3%=税額 

3.住宅用土地
  新築住宅及び中古住宅の敷地については、それぞれ上記の要件を満たす新築住宅又は中古住宅の敷地であることが要件です。
軽減額は次のいずれか多い方の金額です。

 A.45,000円
 B.土地1uの評価額×1/2×住宅の床面積の2倍×3%
               (200uが限度)

 
土地の軽減額の求め方
土地の価額(評価額)×1/2×3%ー上記AまたはB=税額 



 
 
売買居住用物件情報
 
売買事業用物件情報
 
来店案内予約
 
未公開物件とは
 
希望条件登録