トップページ 会社概要
希望条件登録とは アクセスマップ
未公開物件とは スタッフ紹介
お客様の声 Q&A
最新のお知らせ
 
カテゴリーで探す 新築住宅
中古住宅
リフォーム済
南道路
分譲地内
 
希望条件登録
 
スタッフ紹介
 
お客様の声
 
会社情報
 
免許証番号 栃木県知事免許(5)第3952号
住所 栃木県佐野市若松町147
TEL 0283-22-7703
FAX 0283-21-0569
定休日 日曜日・祭日
 
住宅ロ―ン控除
 
住宅ローン控除とは、住宅ローンを組んで住宅を購入したときに、年末のローン残高に応じて所得税や住民税が控除されるものです。
つまり納めた税金が戻ってくるというものです。


控除が受けられる要件

この控除を受けるためには、次のような要件があります。

 住宅の要件 床面積が50㎡以上、また店舗付き住宅などの場合50%以上が居住用。
建築されてから20年以内(耐火建築物の場合は25年)。 この年数を超えている場合は、その住宅が(イ)新耐震基準に適合していることについて証明されたものや、(ロ)既存住宅売買瑕疵保険に加入している一定のもの、(ハ)耐震基準に適合しない既存住宅を取得した場合に、その取得の日までに耐震改修工事の申請等をし、かつ、居住の日までに耐震改修工事を完了している等一定のものであること
 入居時期 取得してから6か月以内に入居し、住み続けていること。 
 期限 平成33年12月31日までに入居していること。 


対象となるローンの範囲

●新築住宅または中古住宅とその敷地の敷地のための借入金であること。
●返済期間が10年以上であること。
●次の借入先からの借り入れであること。
 ①銀行などの民間の金融機関
 ②住宅金融支援機構
 ③地方公共団体
 ④勤務先(利率の制限があります。)


控除が受けられないケース

次のことに該当した場合は、控除が受けられません。

①その年分の合計所得金額が3,000万円を超える年。
②入居した年のほか、その年の前年また前々年あるいはその年の翌年または翌々年に、居住用財産を譲渡して次のような特例の適用を受ける場合。
 ⑴居住用財産の3,000万円特別控除
 ⑵所有期間10年超の居住用財産を譲渡した場合の軽減税率の特例
 ⑶居住用財産の買い替えの特例
 ⑷中高層耐火建築物等の建設のための買い替えの特例
③中古住宅の取得の場合で、配偶者や親族間での取引の場 合


控除される金額

平成33年12月31日までの入居において次の控除額となります。

不動産業者が売主の場合
●年末ローン残高上限4,000万円
●控除期間:10年間
●控除率:1~10年目まで1%
●最大控除額:400万円

個人が売主の場合
ローン残高上限が2,000万円、最大控除額が200万円となります。


 
 
売買居住用物件情報
 
売買事業用物件情報
 
来店案内予約
 
未公開物件とは
 
希望条件登録